椎間板ヘルニアのレーザー治療|銀座ファーストクリニック

トップページサイトマップ 交通案内 よくあるご質問 お問い合わせ
銀座ファーストクリニックGinza First Clinic/ニューロスパインレーザーセンター
 
丸茂院長からのごあいさつ PLDDってどんな治療法? これまでのPLDD施術実績
交通案内
よくあるご質問
PLDD治療に関するお問い合わせ
ご遠方の方に(関東圏外)無料「PLDD適応診断」!
 
文字サイズ
動画で見るPLDD治療

PLDD実施件数、アンケート結果を毎月更新しています。
頚椎椎間板ヘルニア等にお悩みで、PLDD を受けようと決意しても「どの病院ならば安全で確実な治療を受けられるのか」と迷っていらっしゃる方も
少なくないと思います。

詳しくはこちらアンケート結果

お問い合わせはこちら
お知らせ
「東北地方太平洋沖地震」に関するお知らせ
東北地方太平洋沖地震により、東北から関東の全域に渡り被災された方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
2013/11/19

2013/09/30

2013/09/13

2013/08/15

2013/06/24

2013/06/13

2013/04/25

2013/03/18

2013/03/11

2013/02/27

2012/06/18


一覧はこちら

患者様からの声
Y・T様(53歳・理髪業)
立ち仕事で、中腰の姿勢が多く、この腰痛は20年越しのものでした。

R・T様(32歳・ベーカリー店店員)
ギックリ腰の治療をしていたのですが、検査をしたところ、この痛みはヘルニアだったことがわかりました。

S・T様(50歳・会社役員)
ゴルフの最中に腰を痛め、ヘルニアだとわかりました。術後4日で仕事に復帰することができました。

T・M様(39歳・主婦)
私の腰痛は、高校時代にバレーボールをしていたときに痛めて以来のものです。

もっと見る




椎間板ヘルニアは椎間板の髄核をつつむ線維輪に裂け目ができ、そこから中身の髄核がはみ出してしまう状態を言います。
この状態になると自然治癒や整体では治りにくくこの飛び出した髄核が神経根や脊椎を圧迫して様々な症状を引き起こします。
立ち仕事や骨の老化、姿勢の悪さなどが原因となって引き起こされるケースがほとんどですが、肩こりや首・腰の痛み(腰痛)といった局所症状に始まり、
悪化すると上下肢にしびれが出たり、歩行が困難になったりすることもありますので放置してしまうと病院で大きな手術が必要になるくらい大変危険で改善が必要です。

銀座ファーストクリニックでは、専門医が難治と言われている腰椎・頚椎椎間板ヘルニアのPLDD(レーザー治療)に取り組んでいます。
PLDDによる治療法・対策の最大のメリットは施術時間の短さ。約10分程度、入院の必要もなく完了させることができます。さらに出血もなく、
麻酔も局所で済ませることが可能で副作用もほとんどありません。
腰椎・頚椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は、銀座ファーストクリニックへご相談ください。

個人情報保護指針 このページの先頭へ

国内随一の実績。腰椎・頚椎椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)【銀座ファーストクリニック】

〒104-0061
東京都中央区 銀座1-2-4 サクセス銀座ファーストビル4階
TEL : 03-3538-2581(月〜金 AM9:00〜PM5:00)